ガーデニングの資格の種類

ガーデニングの資格の種類

ガーデニングの資格を勉強

ガーデニングの資格には、国家資格と民間資格があります。

趣味のガーデニングの知識や技能を深めたい場合や、
教室を開いたり園芸関係の仕事に活かせるのは「民間資格」です。

一方で、公園整備や道路の緑化、イベントの室内装飾、フラワーデザインなどをする場合は、
国家試験で合格しなければいけない国家資格が必要になります。

いわゆる「資格がないとできない仕事」ですね。

そんな専門職以外の人は民間資格が対象になるわけですが、
民間資格だからこそ一分野に特化せずに幅広くガーデニングや園芸が学べます。

また、通信講座などを使って効率良く学習できるのも、民間資格の魅力!

仕事に家事にと忙しい中でも、自分のペースで学習できます。

特にここで紹介するような人気のガーデニングの資格を持っておくと、
「これくらいのガーデニングの技術や知識がある」という目安の証明になるのでおすすめです。

それでは、次の目次に沿ってガーデニングの資格の種類を分かりやすく紹介します。

ガーデニングに関する国家資格

ガーデニングに関する国家資格

造園施工管理技士 造園工事に関する資格。
造園技能士 造園工事を行う知識と技術を証明する資格。
園芸装飾技能士 ホテルやイベント会場などの室内装飾の技術を証明する資格。
フラワー装飾技能士 花束やブーケ、装飾技術など、フラワーデザイン唯一の国家資格。

国土交通省認定の「技士」や厚生労働省認定の「技能士」の資格となるので、
資格によって学歴や実務経験などが必要とされます。

また、それぞれに技能試験を含む国家検定があるので難易度も高いです。

国家資格は「職人」的なイメージを持つと分かりやすいと思います。

ガーデニングに関する民間資格

ガーデニングに関する民間資格

気軽に取得できるガーデニングの民間資格の種類は沢山ありますが、
現実的には人気の資格は偏っています。

良い意味でも悪い意味でも民間資格はフリーダムなので、実績や信頼のある資格を取らないとズバリ意味がありません!

代表的なものだけをザッと挙げます。

取得しやすいガーデニング・園芸関連の資格

ガーデンコンシェルジュ 正しい庭づくりに役立つガーデニングの基本技術・知識を習得し、趣味のガーデニングから指導人材の能力向上まで幅広く対応している資格。
ガーデンコーディネーター ガーデニングの知識と技能を有することを認定する資格。
ガーデニングアドバイザー ガーデンデザインの知識や技術を有することを認定する資格。
園芸インストラクター 園芸インストラクターとして、ガーデンデザインの知識や技術を有していることを認定する資格。
グリーンアドバイザー ガーデニングをしたい人に花や植物の育て方などを教えられる専門家であることを認定する資格。
庭園デザイナー 庭園デザインの知識と技能を有していることを認定する資格。
エクステリアプランナー 外壁や庭園などを含む家屋の外側全体の設計や工事管理に関する資格。
庭園管理士 庭木の剪定知識と技術を認定する資格。
ガーデンデザイナー ガーデンデザイナーとして必要な植物の知識や資材、図面設計、デザインなどの能力を認定する資格。

認定校への入学が必要なガーデニング・園芸関連の資格

フラワーデザイナー 公益社団法人・日本フラワーデザイナー協会が主催の認定資格。認定校に入校して学び、受験資格を得なければ受験できない資格。
フラワーデコレーター フラワーデコレーター協会主催の資格。花の知識とデザイン技術などを有することを認定する資格です。認定校で所定の課題を履修した後に受験します。

資格取得はできないものの口コミでも人気の園芸講座

ユーキャンのガーデニング講座 通信講座大手のユーキャンのガーデニング講座。分かりやすいテキスト、園芸キット付き、DVD教材、プロのガーデナーから個別に自分のガーデニングにアドバイスしてもらえる「マイ・ガーデンノート」など。

ガーデニング資格のおすすめ3選!

ガーデニングの資格のおすすめ3選を紹介します。

ともに、信頼、実績、口コミ評価などが高い人気の講座です。

  • ガーデンコンシェルジュ:コスパ抜群の王道のガーデニング資格!内容、利便性、サポート面、料金面と圧倒的に充実しています。
  • ガーデンコーディネーター:ガーデニングの知識と技能を基礎から身に付けられる歴史のあるガーデニング資格です。
  • ユーキャンのガーデニング講座:資格は取得できないものの内容の充実度が極めて高い人気講座。充実の付属品、ノートの遣り取りを通してプロのガーデナーと一緒に自分の家のガーデニングが作れます。

資料請求や体験受講はすべて無料なので、とりあえず資料請求や体験受講をしつつゆっくり考えるのもありです。

それぞれの講座のポイントを1つずつまとめたので、
よければ参考にして下さい。

ガーデンコンシェルジュ

ガーデニングの民間資格・ガーデニングコンシェルジュ

現在、一番人気を集めているガーデニング資格です。

現代らしくどんどんブラッシュアップされている人気の資格で、
受講者数は20,000人を突破しています。

ガーデンコンシェルジュ講座のポイント

ガーデンコンシェルジュ講座

ガーデンコンシェルジュの資格講座の特徴をまとめると次の通りです。

  • 教材、認定証、検定、サポート費用などすべてコミコミで税込34,100円!
  • Web教材なのでパソコンやスマホ学習も、印刷してテキスト学習もできる!
  • 受講申し込み後7日以内なら全額返金保証!
  • インターネットを使って家から試験が受けられる!(テキストを見ながら受験可)
  • 受講期間中は何度でもメールサポートで質問できる!

Web教材なので環境や都合に合わせてどこでも勉強できたり、
現代人の多様なライフスタイルやニーズに合わせて資格が取得できます。

学習内容はもちろん、利便性、料金、フォロー体制などコスパはバツグンです。

Web教材は賛否両論ありますが、個人的には思った以上にとても便利でした。

テキスト派の人は印刷をしてテキストを作れるので問題なく、
むしろページを汚してしまってもまた印刷すればいつでも新品に戻るという利点も発見!!

私はWeb教材で学習をして、印刷したテキストは今でもササッといつでも開けるような参考書的な感じで置いてます。

そして、ガーデンコンシェルジュ講座は検定合格後には認定証書が貰えるので、
履歴書に書いたり独立開業のサポートもあるのでビジネス活用もOKです。

ガーデンコンシュルジュ講座はインターネットを使った受講になりますが、
実際にデジタルでどのような学習ができるのかお試し講座が受講できます。

「無料体験受講」は、俗にいう契約前提の体験講義のようなものではありません。管理画面やお試しテキストの表示確認等ができるという意味の無料体験受講なので気軽に試してみて下さい。

以下のように、氏名、メールアドレス、パスワードを入力するだけなので、
30秒もあればすぐに体験受講が気軽にできます。

ガーデンコンシェルジュ講座の体験受講

LINEアカウントを使って体験受講もできます。無料で体験受講ができるので、試してみて損はありませんよ。

受講者数20,000人突破!コスパ抜群のガーデンコンシェルジュの無料体験受講をする!

ガーデンコーディネーター

ガーデンコーディネーター講座

通信学習企業「創芸グループ」主催のガーデニング資格講座です。

歴史のある大手のガーデニング講座ではあるものの、
掲示板を除いて基本的にインターネットには対応していません。

テキストは紙教材とDVD、課題は郵送提出、
質問も質問用紙を使った郵送でのやりとりになります

令和の今、これは正直けっこう大きなデメリットだと思います。

ガーデンコーディネーター講座のポイント

ガーデンコーディネーターの資格の特徴

ガーデンコーディネーターの資格講座の特徴をまとめると次の通りです。

  • 講座終了をもって、自動的に資格が取得できる(試験無し)
  • 紙テキストとDVD教材なので、インターネット環境がない人でも学べる
  • 受講者同士が交流できるウェブ掲示板あり
  • 全国公募のガーデニングコンテストに応募できる
  • 特に優秀な成績を修めた場合は文部科学大臣賞受賞のチャンスあり

講座修了後はガーデンコーディネーターの認定証書が貰えるので、
こちらも就職や開業時に提出できます。

受講料は税込70,400円です。

上で紹介したカーデンコンシェルジュは半額以下で、ウェブ対応、メールサポート、全額返金保証が付くので、比較をするとどうしても厳しいのが正直なところ…。

ただ、一流の講師陣が監修したテキストや教材は口コミ評価も高く、
インターネット環境がない人にはおすすめできる信頼の資格です。

歴史のあるガーデニング資格!ガーデンコーディネーターの資料請求をする!

ユーキャンのガーデニング講座

ユーキャンのガーデニング講座

大手ならではの充実した学習とサポートが人気の「ユーキャンのガーデニング講座」。

資格こそ取得できませんが、実力が付く講座としてはおすすめです!

自分の庭をプロのガーデナーと相談して作れるサービスをはじめ、
他の資格講座にはない特徴的なコンテンツが人気です。

プロのガーデナーさんと相談しながら自分の家の庭を作れるなんて、普通は依頼してそこそこのお金を払わないとできません。

ユーキャンのガーデニング講座のポイント

ユーキャンのガーデニング講座

ユーキャンのガーデニング講座のポイントは次の通りです。

  • 土や鉢底石まで入った寄せ植えやリースが簡単・綺麗に作れる「マスターキット」付き!
  • テキストとは別に、165種類の花の育て方が載っている「花づくり事典」付き!
  • プロのガーデナーと自分の庭を一緒に作っていける「マイ・ガーデンノート」
  • 資格は取れないものの、実作&実践を重視した講座なので実力が付きやすい!
  • 講座を活かして園芸活動や仕事に活かしている卒業生も多数!

何といってもプロのガーデナーと一緒に自分の家のガーデニングを作れるのもポイント!

プロのガーデナーから自分の庭の個別なアドバイスが欲しいので、
この講座を受講する人もいるほどです。

大手だけに本当に教材やサービスがよく作り込まれています。

資格にこだわらないのであれば、知識や技能の習得度は1番2番かもしれません。

ガーデニングの民間資格は、あくまで「技術や知識の習得度をあらわすもの」です。

医師や弁護士のように資格が無いと仕事ができない・活かせないというものでもないので、
「資格」という形にこだわらないのであればおすすめできるガーデニング講座です。

豊富なサービスや実力派のコンテンツが人気!ユーキャンのガーデニング講座の資料請求をする!

資格取得を決意したらまずやるべき大切なこと

これは資格取得だけに限ったことではないですが、
決意をした後にするべき一番大切なことは「実際に行動すること」です。

多くの生徒を見てきた元講師の私が言えることがあるとすれば、
成功の反対は「行動しないこと」であって、行動しない人が成長することはありません

スキルをアップしたり資格を取りたいなら、とりあえず第一歩を踏み出す!

それが一番大切です。

資料請求や体験受講だけでも有益な情報が得られたり知識も深まるので、それだけでも十分メリットがあります。

有料ならともかく資料請求や体験受講は無料なので、積極的に使わないと絶対に損です。考えるのは後からでOKでとりあえず行動です(笑)。

おすすめのガーデニングの資格3選

ガーデニングの国家資格【詳細版】

ここからは国家資格の取得を考えている人に向けての情報です。

ガーデニングや園芸の国家資格の取得についてさらに詳しく知りたい方は参考にしてみて下さい。

造園施工管理技士

造園の国家資格・造園施工管理技士

造園の施工管理や安全管理など幅広く「造園」に携わる資格です。

マンションやビルの緑化、遊園地の造園、道路緑化など手掛ける範囲も広いです。

実務経験がないと受験できない国家資格で、
造園施工管理技士の資格には1級と2級があります。

個人の園芸やガーデニングというよりも建設業者さんに必要とされる資格です。

当然、趣味のガーデニングや園芸の仕事に少し役立てたいレベルの人には必要ありません。

造園施工管理技士の方とご一緒に少し仕事をしたことがありますが、どちらかというと「工事」というレベルの造園をされるイメージです。

造園施工管理技士の資格をさらに詳しく知りたい方は、
造園施工管理技士のページでも詳しく解説しています。

造園技能士

造園の国家資格・造園技能士

庭作りの現場のプロにあたる国家資格が「造園技能士」です。

家庭の庭作りや日本庭園の造園、大規模な公共工事などにも活かせる資格です。

植木職人さんも多く取得している資格で、実際に「枝をどう伸ばすか?」「石をどう置くか?」など知識や技術と同じくらいセンスが求められます。

造園技能士は1級から3級まで、初級、中級、上級相当に分かれています。

3級であればその道のプロを目指す園芸系の高校生が取得することも多い資格です。

こちらも趣味のガーデニングや仕事に少し活かしたいという人には必要のない資格です。

造園技能士をもっと詳しく知りたいという方は、造園技能士のページへどうぞ。

園芸装飾技能士

園芸の国家資格・園芸装飾技能士

「インドア・グリーンサービス」とも呼ばれる園芸装飾の資格です。

店舗やオフィスの装飾、ホテル、イベント会場のインドアガーデンの作成なども手掛けます。

園芸装飾技能士の仕事は鉢植えからイベントの室内演出などまで業務内容がとても広く、
その場所場所に合った色彩やセンスを提案する能力が必要とされます。

装飾だけではなく維持管理のための植物の専門知識も必要なので、
「観葉植物のスペシャリスト」とも言える資格です。

園芸装飾技能士もレベルに応じて、1級〜3級までに分かれています。

実務経験が必要なので、お花屋さんで実務経験を積んでステップアップ的に取得する人も多い資格です。

園芸装飾技能士についてもっと詳しく知りたい方は、園芸装飾技能士のページをご覧ください。

フラワー装飾技能士

園芸の国家資格・フラワー装飾技能士

生花の装飾のプロが「フラワー装飾技能士」です。

ブライダルブーケを作ったり、お祝いの花束を作ったり、
イベントや葬儀場の装飾なども行います。

「フラワーアレンジメント」の要素が強い資格なので、
「お部屋に綺麗に花を飾りたいな〜」なんていう時にも役立つ資格です。

フラワー装飾技能士の資格も1〜3級まであります。

3級でも一般的には実務経験が必要になるので気軽には取得できませんが、持っているとお花が綺麗に扱えるようになりますよ。

フラワー装飾技能士について詳しく知りたい方は、フラワー装飾技能士のページへどうぞ。

page top