ガーデニング資格の活かし方

ガーデニング資格の色々な活かし方

ガーデニングの資格は、趣味やビジネスなど色々な活かし方があります。

私の場合は最初に仕事の関係でガーデニング資格を取得しましたが、
趣味でのみ楽しんでいたとしてもきっとどこかの段階で資格を取っていたと思います。

皆さんは実際にどんな資格の活かし方をされているのか調べてみました。
これから資格を取ろうと検討している人は参考にしてみて下さい。

趣味としてガーデニングの資格を活用する

何か趣味を持とうと思った人の趣味として

極端に言えば、ガーデニングはプランターが1つ置ければ楽しめます。

マンションでもベランダやバルコニーの一部を使って、
プチガーデニングを始める方もとても多いです。

ガーデニングや園芸といっても植物や野菜には沢山の種類があるので、
沢山の種類の中から好きな物を選べるのもポイント!

愛着が沸きやすい分だけ、趣味としても続けやすいです。

種や苗、土、園芸道具なども今はネット通販でも気軽に購入できるので、
思い立ったらすぐにスタートできるのも魅力です。

ガーデニングを更に極めたい人の趣味として

ガーデニングブームのなかで既に資格を持っている人も沢山います。

ガーデニングや園芸に関する資格はこちらで紹介したように沢山あります。

私は5つのガーデニングや園芸の資格を取得していますが、
どれもそれぞれに良いメリットがあると感じています。

資格をとればとるほどガーデニングの知識や経験は豊富になるので、
レベルアップのきっかけに資格取得を目指す人も多いんですよ。

ビジネスとしてガーデニングの資格を活用する

ガーデニング教室を開く

ガーデニングの資格を取って自宅で開業する人が増えています。

そもそもガーデニング教室を開くにあたって、
絶対に必要となる資格というものはありません。

少し厳しい言い方をすれば、「場所さえあれば誰でも開ける」わけですね。

だからこそ、どれだけ実力があるのか、経験があるのかが重要になってきます。

そこで実力や経験を端的に伝えられるのが資格です。

実際に、例えば講師プロフィールの欄にガーデニング資格がズラっと並んでいれば、
生徒さんの気持ちになれば信頼できますよね?

資格取得後にガーデニング教室を開こうと思っている人は、
1つでも多く資格を持っていると強力な武器になります。

ガーデニング教室を開くと好きなガーデニングが仕事になるだけではなく、色々な人と一緒にガーデニングが楽しめるので本当に楽しいですよ。

園芸関係の会社やお店で働く

ガーデニング関係の会社で働いたり、お店で働く場合は、
資格を持っているとまず面接の段階から有利に進められます。

履歴書には資格欄が必ずあるはずなので、
業務に役立つ能力はしっかりと書いてアピールしましょう!

もちろん資格の有無がすべてではありませんが、
少なくとも技術や知識を持っていることがマイナスには働きません。

ガーデンコーディネーターガーデンコンシェルジュは資格も取りやすく、
資格の認定証も発行してもらえるので就活にも活かせると人気があります。

page top