造園施工管理技士

造園施工管理技士の資格

造園施工管理技士は、施工管理技士という
特定業種の技術を認定する国家資格のひとつです。


施工管理技士には様々な種類があり、
建設機械、土木、建築、電気工事、管工事と並び、
造園技術力や管理力を認定する国家資格として設置されています。
それぞれの資格は実務経験や技術はもちろんのこと、
設計・施工・監督などの能力も必要とされます。


家庭のガーデニングではなく、都市公園や緑地などの
公のガーデニング・園芸に携わる人の資格です。

造園施工管理技士

造園施工管理技士は公園や緑地、遊園地などの
造園施工のスペシャリストです。
資格は1級と2級の2段階に別れていて、
施工計画、工程管理、資材管理、安全管理など、
造園工事の主任技術者になれます。


実務経験が必要な為に受験者は造園関係者が多く、
近年の温暖化や環境汚染を受けて、需要も高まっています。
環境保全や都市の緑化計画が至る所で進められる社会で、
造園施工管理技士の存在は欠かせません。


ちなみに、1級造園施工管理技士の資格は、
合格率が10%を切るほど難しい国家資格です。

造園施工管理技士になるためには

学歴(指定学科卒)によって必要とされる実務経験年数が
異なるのが特徴です。


例えば、まず2級を取得する場合は大卒で1年以上、
短大・専門学校卒で2年以上の実務経験が必要です。
専門学校は専門知識を集中的に学べるので人気があり、
学校の選択肢も色々とあるようです。


造園施工管理技士の資格を取るご予定の方は、
みんなの専門学校資料請求なども参考にしてみて下さい。