ガーデニングの資格の種類

ガーデニングの資格の種類

資格

ガーデニングの資格には、国家資格と民間資格があります。

趣味のガーデニングの知識や技能を深めたい場合や、
自宅で教室を開いたり、園芸関連職に活かしたい場合は、
民間資格が対象になります。


というのも、ガーデニングや園芸をする場合に
必要な資格というものは、そもそもありません。
ガーデニング教室を開くのも、園芸関係の仕事をするのも、
一部を除いて資格は必要ありません。


例えば、造園施工管理技士という国家資格などは、
一部の造園工事に有資格者の駐在が義務付けられますが、
私を含め皆さんには関係のない資格だと思います。


つまり、国家、民間の種類を問わず、
ガーデニングや園芸に関するほとんどの資格は、
技能や知識の実力を証明するための資格です。
医師や弁護士のように必ず必要な資格ではなく、
「これくらいの実力や知識を持っています。」
「有識者です。」という属性のものです。


そのうえで、国家資格と民間資格を分類すると、
以下のようになります。

ガーデニングに関する国家資格

造園施工管理技士 造園工事に関する資格です。
造園技能士 造園工事を行う知識と技術を証明する資格です。
園芸装飾技能士 ホテルやイベント会場などの室内装飾の技術を証明する資格です。
フラワー装飾技能士 フラワーデザイン唯一の国家資格。花束やブーケ、フラワー装飾の技術を証明する資格です。

趣味の範囲やガーデニングの仕事をしてみたいという人には、
あまり関係のない資格であることが分かります。

ガーデニングに関する民間資格

ガーデンコーディネーター ガーデニングの知識と技能を有することを認定する資格です。ガーデニングの知識と技能を基礎から身に付けることができる人気の資格です。
ガーデニングアドバイザー ガーデンデザインの知識や技術を有することを認定する資格です。
園芸インストラクター 園芸インストラクターとして、ガーデンデザインの知識や技術を有していることを認定する資格です。
グリーンアドバイザー ガーデニングをしたい人に花や植物の育て方などを教えられる専門家であることを認定する資格です。
庭園デザイナー 庭園デザインの知識と技能を有していることを認定する資格です。
エクステリアプランナー 外壁や庭園などを含む家屋の外側全体の設計や工事管理に関する資格です。
庭園管理士 庭木の剪定知識と技術を認定する資格です。
ガーデンデザイナー ガーデンデザイナーとして必要な植物の知識や資材、図面設計、デザインなどの能力を認定する資格です。
フラワーデザイナー 公益社団法人・日本フラワーデザイナー協会が主催の認定資格。認定校に入校して学び、受験資格を得なければ受験できない資格です。
フラワーデコレーター フラワーデコレーター協会主催の資格。花の知識とデザイン技術などを有することを認定する資格です。認定校で所定の課題を履修した後に受験します。

民間資格の種類は多く、その他にも園芸療法士、森林インストラクター、
樹木医、樹医などの専門的な職業に関する資格もあります。

安心の通信講座を利用できる資格が人気!

最近特に人気があるのが、通信講座です。
資格の種類は限られますが、通信講座で資格取得が可能です。
その中でも、口コミでも好評な通信講座を2社ご紹介します。
どちらも講座を修了すれば資格が取得できるので、
とても人気があります。


日本園芸協会の大人気のガーデニング講座

日本園芸協会のガーデニング講座では、
ガーデンコーディネーターの資格を取ることができます。
講座修了時後に取得できるのでおすすめです♪
賞状の認定証書が貰えるので、就職や開業時にも提出できますよ。

様々な通信講座が人気の諒設計アーキテクトラーニング

資格の主催側から指定講座として公式に認められているので、
ガーデニングアドバイザー園芸インストラクター
2つの資格を試験免除で一度に取得することができます。

最初はガーデニングのことはよく分からなかったので、とりあえず色々なところから資料請求をしました。ガーデニングの資格に関する情報が色々載っているのでそれだけでも勉強になりました。なにより資料請求だけなら無料ですからね(笑)。