ガーデニングや園芸の資格の種類

造園技能士の資格

造園技能士は、住宅庭園や公共施設などの
造園技術を証明する国家資格です。


造園技能士は1級から3級に別れていて、
造園業に就いている人には必携の資格です。
例えば、公共工事の入札時に有利になるので
造園会社から取得させられる場合も多いです。


試験は1級を例にすると、竹垣製作や敷石、剪定などの
様々な造園の実技試験があります。
試験内容からも庭師の資格であることが分かります。


造園施工管理技士と同じく専門性が高いので、
趣味のガーデニングを追究したい人などには、
あまり関係のない資格です。

造園技能士

住宅庭園、公園、オフィス、マンションの緑地管理、
害虫駆除、植栽など、造園技能士の社会的需要は高いです。


造園技能士は、和庭造りのプロ技術師です。
庭師さん、植木職人さんが主な対象の資格ですが、
植物に対する深い知識やデザイン力など、
ガーデニングと共通する部分も沢山あります。


実際に、THE・庭師という感じのおじ様に、
ガーデニングのアドバイスをもらったことがあります。
枝がどっちに伸びるとかこうすればよく育つとか、
さすがスペシャリストという感じでした。

造園技能士になるためには

造園技能士の資格は実務経験が必要ですが、
技能検定指定校に入学し在学中に資格を取得する
人も多いようです。


造園技能士の資格を取るご予定の方は、
みんなの専門学校資料請求なども参考にしてみて下さい。