ガーデニングや園芸の資格の種類

ガーデニングや園芸の資格の種類

ガーデニングに関する資格は色々とあります。

趣味のガーデニングの知識や技術を深めたい人、
自宅でガーデニング教室を開いてみたい人、
園芸のプロとして就職を有利に進めたい人など、
資格を取る目的も様々です。

当サイト「ガーデニング資格取得への道」では、
それぞれが自分にぴったりの資格を探せるように、
ガーデニングの資格の種類の内容を紹介しています。
ぜひお役立て下さい。

ガーデニングや園芸の資格の種類記事一覧

ガーデニングの資格には、国家資格と民間資格があります。趣味のガーデニングの知識や技能を深めたい場合や、自宅で教室を開いたり仕事に活かしたい場合は民間資格がおすすめ!というのも、ガーデニング教室を開いたり園芸関係の仕事をする場合、一部を除いてそもそも資格は必要ありません。例えば、造園施工管理技士という国家資格は、大規模な公園や道路緑化工事などの際に必要になる資格です。おそらく、私を含め恐らく皆さんに...

造園施工管理技士は、施工管理技士という特定業種の技術を認定する国家資格のひとつです。施工管理技士には様々な種類があり、建設機械、土木、建築、電気工事、管工事と並び、造園技術力や管理力を認定する国家資格として設置されています。実務経験や技術はもちろんのこと、設計・施工・監督などの能力も必要とされます。家庭のガーデニングではなく、都市公園や緑地などの公のガーデニング・園芸に携わる人を対象とした資格です...

造園技能士は、住宅庭園や公共施設などの造園技術を証明する国家資格です。造園技能士は1級から3級に別れていて、造園業に就いている人には必携の資格です。例えば、公共工事の入札時に有利になるので造園会社から取得させられる場合も多いです。試験は1級を例にすると、竹垣製作や敷石、剪定などの様々な造園の実技試験があります。試験内容からも庭師の資格であることが分かります。造園施工管理技士と同じく専門性が高いので...

園芸装飾技能士は、ホテルやイベント会場などの活躍の場も多い園芸資格です。園芸装飾に必要な技術を認定する国家資格で、園芸全般よりもガーデン装飾的な要素が強い資格です。イメージ的にはフラワーアレンジメントに近い分野の資格といえます。空間デザイン力や色彩センスだけではなく、植物の維持管理や手入れの能力も問われるため、植物全般に関する様々な知識ももちろん必要です。花と緑のスペシャリストとも呼ばれる人気の資...

フラワー装飾技能士は、生花を主体とした花材の各種装飾の技能を認定する国家資格です。花の装飾やデザインに携わる職業に就いている人に必須の資格ではありませんが、花束やブーケの製作、イベント・パーティー会場での花の飾りつけなどで、自分の実力を証明できる資格となります。同じ国家資格である園芸装飾技能士よりは、メジャーな資格として取得される人も多いです。園芸装飾技能士フラワー装飾技能士の資格は1級から3級に...

page top